アルツハイマーや物忘れに効果的なDHAを酸化させずに摂れるサプリメント!きなり

「きなり」は、アルツハイマーが気になる方に人気のサプリメントです。

物忘れに悩む年代にオススメなのが「きなり」。世界に認められたモンドセレクション最高金賞を受賞した商品なので効果は折り紙つき。有効成分「DHA・EPA」が物忘れやアルツハイマーの原因となるアミロイドに働きかけ、「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラにしてくれます。そのため、物忘れやアルツハイマーを改善したい人に大人気の商品です。そんなきなりのポイントを詳しく解説していきます。

アルツハイマーが気になるなら「きなり」

きなり

販売元 さくらフォレスト株式会社
原材料名 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆培養エキス、ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
DHA含有量  450.8mg
EPA含有量  49mg
内容量 1袋120粒(約1ヶ月分)
1日の目安 4粒
価格(税込) 通常価格6,150円→特別モニターコース初回1,980円(67%オフ)
定期コース2回目以降は4,093円(33%オフ)でお届け。
※15日返金保証あり
送料 無料
支払い 郵便振替・コンビニ、代金引換、クレジットカード

厚生労働省による1日のDHA・EPAの摂取目安量は1,000mg。
そのうちサプリによるDHA・EPA摂取目安量は500mg。

「きなり」は累計46万個の販売実績があり、リピート率は96.3%。率厚生労働省のかかげる摂取目安量も満たす数少ないサプリメントです。

公式サイトはこちら

 

アルツハイマーや物忘れにDHA・EPA

DHA・EPAの配合量がトップクラス!

ナットウキナーゼ成分で血液もサラサラ!

アスタキサンチンがDHA・EPAの酸化を防ぐ!

公式サイトはこちら

アルツハイマー予防の為のDHA・EPA摂取量

1日のDHA・EPA摂取目安量は1,000mg。

そのうちサプリメントによるDHA・EPAの摂取目安量は500mgです。

これは、クロマグロの赤身の刺身、約5人前分になります。

 

加齢による物忘れとアルツハイマーの違い

人は誰でも年齢を重ねることで、物忘れをしやすくなります。

昼食を食べたが、食べた内容を思い出せない、よく見る人の顔が思い出せない、同じものを何度も買ってしまう、というのは、よくある物忘れです。

加齢による物忘れでは、20~30分程度前のことは思い出せますし、今日の曜日や、慣れた場所への移動などは迷うことなくでき、判断力もそれほど低下しないので、日常生活にそれほど支障をきたしません。

これに対し、アルツハイマーは、自分が体験したこと自体を忘れてしまうのが特徴です。

ご飯を食べたこと自体を忘れてしまう、人そのものを忘れてしまう、住所も忘れてしまう、などの特徴があり、判断力も低下するため、日常生活に支障をきたします。症状も年単位で悪化していきます。

加齢による物忘れは自覚がありますが、アルツハイマーは自覚がなく、家族が気付いてはじめて分かることが多いのです。

物忘れがひどい、判断力や理解力が衰えてきた、時間や場所を思い出せない、などの不安があれば、一刻も早く「きなり」を摂ることをオススメします。

 

アルツハイマーの原因

アルツハイマーの原因はまだ完全には解明されていませんが、原因として考えられるものは、遺伝や環境、生活習慣などの複数の因子が絡み合っていると考えられています。

アルツハイマーは高齢者に多く発症するため、加齢に伴う脳の変化を研究することで、解明されつつあります。加齢がどのように脳のニューロンに変化を及ぼすのか、アルツハイマーの原因となるのかについての研究が行われています。

アルツハイマーの研究のひとつに、遺伝があります。アルツハイマーの研究者は、遺伝子もこの病気に重要な役割を果たしていると考えています。

特に、若年性アルツハイマーは、遺伝子に関係があると考えられています。

若年性アルツハイマー

若年性アルツハイマーとは、65歳以前に発症するアルツハイマーの呼び方で、アルツハイマー全体の5%程度を占めています。

若年性アルツハイマーが起こる原因のほとんどが遺伝によるものと考えられており、その原因となる遺伝子は、アポリポ蛋白E(APOE)遺伝子と呼ばれる遺伝子です。

この遺伝子があると必ず若年性アルツハイマーが発症するわけではなく、逆に、この遺伝子がなくても若年性アルツハイマーにかかることもありますが、APOEを有している比率が圧倒的に高いのが事実です。

もちろん、生活環境や他の遺伝子など、複雑な要因が絡み合い、若年性アルツハイマーを発症させているということです。

 

アルツハイマーの薬

病院で認知症の薬として処方されるものに、アリセプト(ドネペジル)やレミニール(ガランタミン)があります。

これらは特効薬ではなく、進行を遅らせる効果があると考えられている薬です。

アリセプトやガランタミンには、吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛といった副作用を起こしやすいのが特徴です。

まれに、脈拍が異常に遅くなるなど心臓への異常があらわれることがあります。

 

アルツハイマーの検査方法

アルツハイマーの検査は、日常生活のチェック、心理テストなどの後、CTスキャン、MRI(核磁気共鳴画像法)、SPECT(単一光子放射断層撮影)、PET(陽電子放出断層撮影法)などの画像検査を行います。

これらの検査により、脳の形態や変化を確認し、診断に役立てます。

 

認知症とアルツハイマー病のケア

認知症とは、脳が障害されることによって、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態になる病気です。認知症には、アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)、脳血管性認知症、レビー小体型認知症(DLB)の3種類があります。

アルツハイマー病は、原発性で徐々に発症、進行する記憶、認知機能障害を主症状とする疾患で、認知症全体の6割以上を占めています。
アルツハイマー病は65歳以前に発症する初老期認知症(狭義のアルツハイマー病)、65歳以後に発症するアルツハイマー型老年認知症、遺伝子異常による家族性アルツハイマー病(FAD)に分類されます。65歳以後に発症するアルツハイマー型老年認知症は女性の発症率が高くなっています。

アルツハイマー病の主な症状

アルツハイマー病の主な症状としては、記銘・記憶障害(昔のことは覚えているが、最近のことはなかなか覚えられないなど)、見当識障害(今日が何日で、今いる場所が分からないなど)、精神症状(感情・意欲の障害)などがあり、10~15年で全身性合併症で致死的経過をとります。また、65歳以前(初老期)の発症では、大脳巣症状(失行、失語、失認など)や、神経症状(錐体外路症状など)などがあります。

アルツハイマーを完全に治す方法は?

現在、認知症を完全に治す方法はありませんが、薬の投与や、リハビリなどを行うことで認知症の進行を遅らせたり、症状を軽くすることは可能です。
1999年に初めて認知症に対する薬が発売され、2011年にはさらに3種類の薬が発売されて、現在4種類の薬が使えるようになっています。完全には直せませんが、進行を遅らせることによって、症状が進行したときに備えて介護体制など準備を進めることができます。また、治療と同じくらい重要なことは、普段の生活における家族の対応です。

認知症の初期

認知症の方との対応として良いと思われることは、まず信頼関係を築くことです。認知症の初期では、本人も、以前より物事を行うことが難しくなってきているということを理解し、家族の手を煩わせたくないと考えています。しかし、心のどこかでは、助けてほしいと思っているはずです。

このような悩み事もストレスとなり、症状が悪化する原因にもなるので、家族でも恥ずかしくて言いづらいこともあるとは思いますが、お互いに話し合ってください。腹を割って話すことでさらに信頼関係が深まるかもしれません。
また、認知症の方が何か失敗すると、つい叱りつけてしまいがちですが、それは本人が不安になり、強いストレスによって症状がさらに悪化します。失敗したとしても、優しく笑顔で接することで、相手も安心できます。

まとめ

以上をまとめると、
認知症にはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)、脳血管性認知症、レビー小体型認知症(DLB)の3種類があり、アルツハイマー病の症状には、記銘・記憶障害、見当識障害、感情・意欲の障害などがあります。認知症の完治はできませんが、薬剤投与やリハビリによって進行を遅らせることができます。また、認知症のケアをする際は、認知症の方と信頼関係を築き、あまり強く当たらず優しく接してお互いにストレスがかからないようにすることが大切です。